FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年アリス ♦白兎ルート感想Ⅰ♦

白兎 〖White rabbit
CV:野次馬根性(すっごくカッコイイ声でした!声が好きです…。)

少年アリス5


地下の国の王候補者の1人。
突然現れて、有純を地下の国へと連れてきた。
強引でマイペース、有純に異常なまでの独占欲を見せる。

持っている薬の色は

眼鏡でSなウサギです!
正直他ルートでも、ちょっとグラッときちゃったり(´∀`)



以下、ややネタバレですがそれでもOKよ!って方だけ続きからどうぞご覧ください。



学校の屋上で、女の子から誕生日のプレゼントを貰う有純。
しかし、そんな彼を影から見ている謎の兎耳の青年が1人現れます。

声が、すっごくカッコイイーーっヽ(*´∀`)ノ

まず一番に思ったことが、声の良さでした。
声優ネタで申し訳ないが、管理人この方の声好きなんです……。

家に帰ったその日の夜。
母親の事で耐えられなくなった有純は、家を飛び出してしまいます。
そこへ、謎の兎耳青年が有純の目の前に現れます。

ちょっと…アリス。ひどいなぁ俺のこと忘れたの?

白兎と名乗る青年を見て絶句する有純に、不思議そうにそんな有純を見る白兎。
そりゃ目の前に、いきなり兎耳男が現れたらびっくりするよね(´∀`;)

自分をアリスと呼ぶ青年に戸惑う有純、そんな有純に白兎は、赤い色の液体が入った瓶を差し出して、『飲んで』と言います。
拒否して薬の瓶を割ってしまう有純に、強引に口付けて薬を飲ませる白兎……。


初キスが白兎って、どゆことっΣ(゚д゚)

いえ、この場合白兎ルートなので全然問題ないのですが。
寧ろドンと来いなのですが!

実はこの部分、他ルートでも白兎は有純に薬飲ませるため口付けます。
(共通ルートだからね)

だから、他ルート行く気満々なのに白兎に有純はキスされちゃうのです、毎回!
正直ちょっと複雑な気持ちになったりして…。

赤い薬を飲まされた有純の頭の中に、どこからともなく時計の音が響きます。
段々と大きくなる、その音。

揺れる視界の中、いつの間にか白兎の背後には赤い空が広がり、コンクリートだったはずの道路も濃い色の土の地面に変わっていました。

白兎はまるで素晴らしいものを紹介するように腕を広げて言います。

地下の国――。ここが、君のいるべき場所だよ

近づく白兎に、後退して木の幹に背中を預ける事になった有純。
白兎の腕の中に包まれ、

君を手に入れたいんだ。俺のためにね

そのまま有純の首筋や頬にキスをする白兎……。
エロ過ぎる!!

白兎は、エロいです!
声も艶っぽいし、言葉責めっぽいこと言ってくるし。
君をぐちゃぐちゃにしてあげる』とかとか!

もしかしなくても、コイツはドSに違いない……。
と思いました!

この時のスチルの有純も色っぽいです( ´艸`)
残念ながら(え)その行為も未遂に終わり、有純は時計の音を聴きながら意識をとぎれさせ、気がついたらそこは帽子屋の屋敷のベッドの上。

帽子屋と話をするも、有純は家に帰ろうと思って帽子屋の屋敷の外へと出てしまいます。
するとまたここで、白兎が登場!

どうやら有純をこの屋敷へと連れてきたのは白兎で、帽子屋がその後彼を追い出しちゃったようです。
帽子屋~……(´∀`*)

結局有純は、ベッドの上へと逆戻り。
地上から着てきた服は悪いから、と帽子屋に服を作らせ有純に着せさせます。
近づいてくる白兎に警戒する有純。

……離れろよ
どうして?

……この部分の発音とか台詞の間、好き(*´∀`*)

その後白兎と帽子屋に、壊れかけている地下の国の話、有純がこの国に連れてこられた訳を聞かされます。

白兎は俺を選んで、と有純に言いますが、有純は拒否。

白兎が有純に差し出した赤い瓶は、何故か突然割れてしまいます。
行かなくちゃ、またねとその場を後にする白兎。

それから暫くの間、眠る有純は夢を見ます。
泣きじゃくる子供と、白兎の夢。

この世界はいずれ君のものになる 怖いもの、嫌なもの、全て俺が消してあげる

優しく微笑む、白兎。
やばい、何か良いよ白兎(´∀`*)

そこで、有純は目を覚まします。
そのまま懲りずに屋敷の外へ出ると、今度は兎耳じゃなくて猫耳の青年が登場!

その青年は有純に屋敷に戻れと言ってきますがちょうどその時、ジャックと名乗る男がやってきて、そのまま有純は地下の国の女王と王が待つ城へ連れられて行きました。

お城で女王様と王様に拝謁する有純。
そこでハッキリと、有純は王様に元の世界には帰れないと言われます。

有純が子供の頃、地下の国に来た時に交わした契約を果たさせる為、なんと王様は有純を城の一室に監禁!

王様が持っている薬を無理矢理飲ませ、薬の副作用で熱を持った有純の体を、控えていたトランプ兵達が無理矢理開かせようとします。

しかしそのピンチを、チェシャ猫と名乗る先ほどの猫耳青年が助けてくれました。

城から出たチェシャ猫は、有純を森の小屋へと連れていきます。
そこは「次期女王のための調教師」、蛹が住んでいる家。

そこで有純は蛹に、地下の世界の禁忌と言われている『銀の車輪』の話を聞かされます。

女王と同等の力を持つ『銀の車輪』を手に入れれば、女王の役目から逃れられるかもしれない。
元の世界に、帰れるかも。

有純は『銀の車輪』を探すことにします。
しかし1人で探し出す事は無理だろう、誰か協力者はいないのかと言う蛹に有純は、白兎の名前を口にします。
この世界に有純を連れてきたのは、白兎だから―――。

その後白兎が現れて、有純を帽子屋のお茶会へと誘いました。
蛹の家を後にした有純は、お茶会へと向かいます。

お茶会には、チェシャ猫や双子のD、蛹までいて驚く有純。

皆君に会いに来た

いつの間にか白兎も現れて、当然のように有純の横の席に座ります。
皆で楽しくお茶会~(*´∀`*)

すると白兎が有純に言います。

俺と安全な場所でいいものを見に行こうか
いいもの?

はたして白兎は、有純をどこへ連れて行くのでしょうか?

続くっ!!

スローペースでも楽しく頑張る(´∀`*)


FC2ランキングに参加中です!
よろしければぽちっとよろしくお願いします~☆

FC2 Blog Ranking





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

センリ

Author:センリ
のんびりと自分ペースで感想を書いていきます。
ゲーム・漫画・小説大好き。
ちょっとでも見てくれた方には、本当に感謝です。
ありがとうございます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。